O R E P A S O:Windows関連-1

本文へジャンプ
S
M
L
Search by Google
menulavel
Valid CSS!
Spreadfirefox Affiliate Button
情報ボランティアの会(八王子)
anchor
クロスミッション編
Windows 関連情報
●Windows Vista/7
UAC(ユーザーエージェントコントロール)の設定によりますが、Vista/7はアンインストールしてもデータが削除されなかったり、アップデート(上書きインストール)できないことが多いので注意が必要です。
この現象は仮想化されたフォルダにリダイレクトされデータを使用しているからで、解決方法のひとつはこれを削除することです。

"%USERPROFILE%\AppData\Local\VirtualStore\Program Files\アプリケーション名\*.*"
●Windows Vista
Vistaは、管理者ユーザーとしてログオンしても、一般ユーザー以下の権限しか持てなく、都度、ダイアログ・ボックスで許可を選択することになる。
●Windows 2000とWindows XP
ファイル名などのソート機能が変更されています。
application/ms-tnef(Transport Neutral Encapsulation Format)問題
Microsoft Office Outlookの独自仕様が混乱を招いています。
Outlook(2003/2007/2010)のリッチテキスト形式(application/ms-tnef)は、HTMLメールの機能に加え、Office製品データのOLE機能などが追加されています。
この様なメールはOutlook以外では認識すらできません。標準的なメーラーのことを考えたのか、プレーンテキストも同梱(マルチパート)されるので、文章は読めますが、winmail.datというファイルが添付される形になってしまいます。このファイルはBase64でエンコードされたものですが、添付したデータ(画像やWord/Excelも)がこのファイル(winmail.dat)に取り込まれてしまいます。
事を複雑にしているのは、Windows Live メール(Outlook Express/Windows Mail)で、Outlookの独自仕様を認識できない上に、認識できないファイル(winmail.dat)は表示しない仕様だということです。
さらに困ったことに、受信者の環境によって症状の再現のされ方が一定でないことです。
○受信者側では
winmail.datが取り出せれば「Winmail Opener」などのフリーソフトでデータを元に戻せます。winmail.datが取り出せない場合や他のOSの方は、Gmailに転送してウェブ上で受信すると、データとファイル名を復元してくれます。Yahoo!メールも同様ですが、ファイル名は復元しません。但し、いつもうまくいく訳ではない様です。
○送信者側では
Microsoft Office Outlookでリッチテキスト形式(application/ms-tnef)を使えなくするパッチはこちらに↓
http://support.microsoft.com/kb/958012/ja
Windows Live メール(Windows Mail)問題
「Windows Live メール」はリリースから久しいですが、現在でも不具合が残っています。
不具合が起きる文字の例:
~ ∥ - ¢(cent) £(pound)
文字の不具合は、SHIFT-JISとUnicode間の変換問題も関係しているのかもしれませんね。
その他:
・引用文の山括弧の不具合
・自動改行の不具合(RFC2646がらみ?)
・前項winmail.datが表示されない問題
←BACK | NEXT→