O R E P A S O:Visual Basic for Applications 覚書

本文へジャンプ
S
M
L
Search by Google
menulavel
Valid CSS!
Spreadfirefox Affiliate Button
情報ボランティアの会(八王子)
anchor
整備実技…II
Visual Basic for Applications 覚書
●フォーム関連イベントの発生順序
開く時 閉じる時
1)Open
2)Load
3)Resize
4)Activate
5)Current
1)Unload
2)Deactivate
3)Close

●印刷 Procedure
Private Sub Print_Click() '[印刷]ボタンクリック
Dim prtDefault As Printer '現在のプリンタ設定を退避
Set prtDefault = Application.Printer     '選択されたプリンタの情報を設定
Set Application.Printer = Application.Printers(Me!cboPrinterList.Value) 'レポートを開く
DoCmd.OpenReport "rpt受注一覧" 'プリンタ設定を元に戻す
Set Application.Printer = prtDefault
End Sub

●ディストリビュージョン関係
(1)Accessのショートカット
MDBをデコンパイル…参照設定がおかしい場合など
"C:\Program Files\Microsoft Office\OFFICE11\MSACCESS.EXE" "Q:\yyy\zzz.mdb" /decompile
MDBをruntimeで実行
"C:\Program Files\Microsoft Office\OFFICE11\MSACCESS.EXE" "Q:\yyy\zzz.mdb" /runtime
MDEをruntimeで実行
"C:\Program Files\Microsoft Office\OFFICE11\MSACCESS.EXE" "Q:\yyy\zzz.mde" /runtime

(2)インストールされるPCと同じ参照(使用MDAC)でコンパイルし、ディストリビュージョンする。

(3)MDBファイルではVBAで「参照設定」を行えるが、MDEファイルにすると行えない。

(4)VBAのディストリビュージョンウィザードでセットアップを作るとADOの登録に失敗する
例:
セットアップのsetup.lstを見ると、
File11=@msado25.tlb,$(WinSysPath),$(DLLSelfRegister),$(Shared),…
TLBなのに(DLLSelfRegister)となっているので(TLBRegister)に手動で修正する。
MS情報
←BACK | NEXT→