O R E P A S O:Windows98 Setup Switch

本文へジャンプ
S
M
L
Search by Google
menulavel
Valid CSS!
Spreadfirefox Affiliate Button
情報ボランティアの会(八王子)
anchor
クラシックカー編…II
Windows98 Setup Switch
今でもWindows98を使っているユーザーも、少し理由ありですね。
Setupスイッチには沢山のオプションがあります。公開されているものもあれば、非公開のものもあります。特別な環境や、復旧に役に立つでしょう。

スイッチ 説明
/C SmartDriveを使わない。
/iL Logitechマウスドライバを使用する。
/im 基本メモリの空きをチェックしない。
/id ハードディスクの空きをチェックしない。(ディスクの余裕がない時などに)
/is スキャンディスクを実行しない。
/iq クロスリンクをチェックしない。
/ie 起動ディスクを作成しない。
/ih レジストリ一貫性チェックをしない。
/iv ネットワークのセットアップを実行しない。
   
/ir マスターブートレコードを更新しない。(他のOSと共存する場合に)
/IW 使用許諾画面を表示しない。
/nf 再起動時にフロッピーチェックをしない。
/d すでにセットアップされている Windows を無視する。
/p j ACPI を検出する。
/NTLDR 既存の OS をチェックしない。
/nm プロセッサチェックをしない。(旧型マシンにインストールする時などに)
ファイルの属性は表示できないの?
Windows98ではあったファイル属性表示が98SE以降はありません。ウェブページを作る時などはファイル属性が気になるものです。ファイル操作系のソフトを使えばもちろん見れますが、レジストリ操作ができるのでしたら、以下の方法をお験しください。使い慣れたエクスプローラで属性表示できます。
なお、レジストリ操作は、バックアップはもちろんのこと、思わぬトラブルの原因にもあることを忘れずに!!。
キー 名前 データ(DWORD値)
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\Advanced ShowAttribCol 0を1に変更
←BACK | NEXT→