O R E P A S O:ホームページで環境変数を。

本文へジャンプ
S
M
L
Search by Google
menulavel
Valid CSS!
Spreadfirefox Affiliate Button
情報ボランティアの会(八王子)
anchor
国内A級編
ホームページで環境変数を。
ホームページに慣れてくると、見せるだけでなく、双方向のページ(動きのあるページ)が欲しくなります。そうなると「CGIやSSI、PHP」の出番です。環境変数はこれらで利用できる便利な変数です。
環境変数そのものの解説は専門書に譲りますが、環境変数には様々な使い道があります。
WebSiteの訪問者がどこらか来たか?、Proxy Serverは?、ブラウザは何を?、などを記録し、それによって表示するメッセージを変えたり、アクセス制限したり出来ます。
利用できる環境変数が違ったり、環境変数の一部を制限するサーバもありますので、サーバ管理者への問い合わせとカットアンドトライで進めましょう。

変数名 意味
AUTH_TYPE 認証方式
MD5, Basic
CONTENT_LENGTH 標準入力から読み込み可能なデータバイト数(METHOD=POSTの時) 1024
CONTENT_TYPE クライアントから送られてきたデータのタイプ application/x-www-form-urlencoded(METHOD=POSTで送信した場合)
GATEWAY_INTERFACE ゲートウェイプロトコル名称 CGI/1.1
HTTP_ACCEPT ブラウザがサポートする Content-type の一覧。すべてを許可する場合「*/*」 image/gif
application/msword
HTTP_ACCEPT_LANGUAGE サーバがサポ-トする言語 jp
HTTP_CONNECTION 接続状況 Keep-Alive
HTTP_FORWARDED この要求をフォワードしたプロキシサーバの情報。送信されない場合もある  
HTTP_REFERER ブラウザで直前に参照したURL。ブラウザから送信されない場合や、全く別のURLを送信されることもある www.abcd.ne.jp
HTTP_USER_AGENT ブラウザ情報 Mozilla/4.0 (compatible;MSIE 5.5;Windows NT)
HTTP_X_FORWARDED_FOR この要求をフォワードしたプロキシサーバのIPアドレス 202.0.0.1
PATH_INFO cgi-bin/hoge.cgi/abcd/efgh.html というURLでCGIスクリプトを呼び出した時にパス情報を格納 /abcd/efgh.html
PATH_TRANSLATED PATH_INFO で指定したファイルのサーバー上の絶対パス名  
QUERY_STRING http://www.efgh.ne.jp/index.cgi?abc(データ部分)というURLを要求した時のデータ部分 abc
REMOTE_ADDR クライアントのIPアドレス 192.0.0.1
REMOTE_HOST クライアントのホスト名 www.abcd.ne.jp
REMOTE_IDENT クライアント側のユーザーID  
REMOTE_USER クライアント側のユーザー名
REQUEST_URI クライアント側の参照URL /hoge.html
REQUEST_METHOD METHODで指定したデータ取得手段 GET, POST, HEAD, PUT, DELETE, LINK, UNLINKなど
SCRIPT_NAME CGIスクリプト名 /~hoge/cgi/hoge.cgi
SERVER_ADMIN サーバ理者の情報 admin@abcd.ne.jp
SERVER_NAME サーバ名 www.abdc.ne.jp
SERVER_PORT サーバのポート番号 80や8080
SERVER_PROTOCOL サーバのプロトコル名 HTTP/1.0やHTTP/1.1
SERVER_SOFTWARE サーバのソフトウェア名 Apache/1.3.3
TZ タイムゾーン JST-9
※vodafone例  
  HTTP_X_JPHONE_COLOR 表示できる色数 C262144
  HTTP_X_JPHONE_DISPLAY 画面表示サイズ 240*260
  HTTP_X_JPHONE_JAVA Java対応端末 1.0
  HTTP_X_JPHONE_MSNAME 機種 V801SH
※EZweb EZwebはHTMLを独自拡張したHDML(handheld device markup language)を使用しています。HDMLを利用する場合、ヘッダ情報を「text/x-hdml」に変更します。
  HTTP_X_UP_DEVCAP_MAX_PDU 受信できるバイト数 8220
  HTTP_X_UP_DEVCAP_SCREENCHARS 一画面に表示できる文字数 12,11
  HTTP_X_UP_DEVCAP_SCREENPIXELS 画面の大きさのピクセル数 140,120
  HTTP_X_UP_DOWNLOAD_ACCEPT ダウンロードできるデータの形式 image/bmp, image/png, application/x-pmd
  HTTP_X_UP_SUBNO サブスクライバーID
初め4ケタ:事業者コード
残り10ケタ:端末固有番号
##############_af.ezweb.ne.jp
  HTTP_X_UP_UPLINK UPリンクサーバ名 ae.ezweb.ne.jp

参考:
以下のperlスクリプトを書いたファイルをアップしてhttpdサーバ上から呼び出すと環境変数が表示されます。
#!/usr/local/bin/perl
# ↑サーバによって変わります
#
# 環境変数を取得する(非公式な環境変数は表示されないかも) #############################################################
print "Content-type: text/html\n\n";
while (($hen,$v)=each %ENV) { print "$hen=$v\n<br>"; }
# end
←BACK | NEXT→