O R E P A S O:タスクマネージャー

本文へジャンプ
S
M
L
Search by Google
menulavel
Valid CSS!
Spreadfirefox Affiliate Button
情報ボランティアの会(八王子)
anchor
足回り強化編
タスクマネージャー
Windows Q&Aを見ていると盛んに出てくるタスクマネージャ。これはトラブルの解決やメンテナンスに使うWindowsの機能です。マックマシンなら、アクティビティモニターに当たります。
マネージャという名の通り、パソコンを管理したり監視したりしている部分で、動作しているプログラムを手動で操作することも可能です。
アプリケーションソフトが反応しなくなって終了できない時、タスクマネージャを表示し、そのソフトウェアの状態を確認すると、「応答なし」の状態になっているので、その項目をクリックし、「タスクの終了」をクリックすると、プログラムを強制的に終了させることができます。また、ブラクラ(ブラウザクラッシャー)などCPU利用率を100%にしてしまうイタズラに合った時も、タスクマネージャで断ち切れます。

困った時のセーフモード
コンピュータが起動しない…、デバイスを認識しない…、トラブルはいろいろです。そんなときに役立つのがセーフモードです。
Windows 95 「Windows 95 を起動しています」 又は 「Starting Windows 95,」 と表示されている時に「F8」キーを押す。
Windows 98/98se/Me 起動が始まったら [Ctrl] キーを押し続ける→画面に[Windows Startup Menu] が表示されたら、カーソルを移動して 「Safe mode」 を選択する。
※キーボードの選択画面が表示されたら正しく設定してください。キーボードから正しく入力出来ません。
Windows 2000 「Windows を起動しています・・・Windows 2000 の問題解決と拡張起動オプションについては・・・」というメッセージが表示されている間に「F8」キーを押す。
Windows XP 起動ロゴが表示される前に「F8」キーを押す→Windows 拡張オプションメニューが表示される→カーソルを移動してセーフモードを選択し、「ENTER」キーを押す。
※または「F5」キーを押すと直接セーフモードで起動。
Windows XP Home Editionはセーフ・モードでAdministratorにログオン可能。(パスワードを設定したい場合、セーフ・モード→コントロール・パネルで指定)
Windows Vista 起動ロゴが表示される前に「F8」キーを押す→詳細ブートオプションが表示される→カーソルを移動してセーフモードを選択し、「ENTER」キーを押す。
←BACK | NEXT→