O R E P A S O:デジカメをもっと知る

本文へジャンプ
S
M
L
Search by Google
menulavel
Valid CSS!
Spreadfirefox Affiliate Button
情報ボランティアの会(八王子)
anchor
路上教習編
デジカメをもっと知る
デジタルカメラ
↑デジカメ
高解像度。長寿バッテリー。手ブレ補正付きなど、良いものが安く手に入る様になりました。
ccd
デジタルカメラは既に一人一台。既に2台目3台目の方もしばしば…。そこで、もう一度デジカメ選びのポイントを整理します。

●画素数
CCDの画素数が増えてます。コンパクトデジタルカメラでも1000万(10メガ)画素を超えたものが大半です。
もちろん小さいより大きい方が画質が綺麗ですが、忘れてならないのが撮像素子で、画素数が大きく素子が小さいより、画素数が小さく素子が大きい方が、画質が綺麗な場合があります。また、画像の使い方も大事で、電子メール用なら100万画素、サービス版程度の写真にするなら200万画素位、A3サイズまで伸ばしたいなら600万画素位は必要です。

●ズーム機能
光学ズームとデジタルズームは意味が違うので注意。光学ズームはレンズで画像を拡大。デジタルズームはデジタル化された後の画像を拡大するので画質が荒くなります。
また、ズームの範囲も確認しておきましょう。焦点距離は、35mmフィルム換算で確認します。銀塩カメラ(35mm)で焦点距離50mmが、人間の目に近い焦点距離です。運動会なら100mm、動物園なら200mm程度欲しいところ。

●操作性
メニューの多くは階層構造になってますが、階層が深すぎると操作しにくいものです。
また、操作ボタン(特にシャッターボタン)の扱いやすさも重要で、銀塩カメラに準じたものが使いやすい様です。
フラッシュメディア
↑記憶メディア
写真はスマートメディアとminiSDカード。
●スマートメディア(現在はxDピクチャーカードに取って変わった)
…富士フィルム
オリンパス
●SD(SDHC/SDXC)カード
…松下・東芝・
ミノルタ・リコー
●メモリースティック…SONY
●コンパクトフラッシュ
…ニコン・キャノン
コダック・三洋
●液晶モニター
もちろんあった方が良いです。1.5型TFT/TFD~2.8型TFTがありますが2.x型程度が一般的。バリアングルタイプが見やすい。

●ISO感度
感度調整がある場合、普通の被写体ならISO100、速い動きの被写体はISO800~程度は欲しいです。ブレ防止で感度が高めになって来ました。
●手振れ防止
まだ成長途中ですが、あった方が良い機能。被写体自体のブレにはあまり効果がありません。

●記憶メディア(昔のカメラで言うフィルム)
デジタルカメラのメーカーの違いで、左図の様に沢山の種類があります。小容量な256MByteから2GByteクラス以上のものも発売されていますが、画素数が増えるにつれ、転送速度も重要になって来ています。
特に、デジカメで動画を取るときは注意必要で、安売りのメディアですとコマ落ちが発生することがあります。Class 10(10MB/S)が一般的になり、UHS-Ⅰ(104MB/S)も見かける様になりました。

●パソコンとの接続
USB接続とメモリカードリーダ(記憶メディアに合ったもの)を使う方法があります。
←BACK | NEXT→