O R E P A S O:使ってはいけない文字

本文へジャンプ
S
M
L
Search by Google
menulavel
Valid CSS!
Spreadfirefox Affiliate Button
情報ボランティアの会(八王子)
anchor
雪道編
使ってはいけない文字
電子メールもインターネットもやらないのであれば、あまり気にする事ではないのですが、インターネットや電子メールの世界にデビューするのであれば守らなくてはなりません。

半角カナ文字:半角カナ文字はインターネット(メール)では利用しない方が良いでしょう。ISO-2022-JPで対応しておらず、海外では同じコードが別の使われ方をしています。

機種依存文字:コンピュータにも種類があります。通常使われる文字は互換があるのですが、一部の文字は互換性がないので、相手が読めない場合があります。
①②③④⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑫⑬⑭⑮⑯⑰⑱⑲⑳
ⅠⅡⅢⅣⅤⅥⅦⅧⅨⅩ
№㏍℡㊤㊥㊦㊧㊨㈱㈲㈹㍾㍽㍼㍻
㍉㎜㎝㎞㎎㎏㏄㍉㌔㌢㍍㌘㌧㌃㌶㍑㍗㌍㌦㌣㌫㍊㌻
上の文字は正常に表示されますか?
下のように(正常時の画像)表示されていれば問題ありませんが、Macintosh系では丸文字が(日)(月)(火)…になってしまいます。 正常時の画像
その他:Macintoshではトランプ記号、()付きの英字、Windowsでは固有漢字と呼ばれるものなどが、使わない方が良い文字です。
MOが読めない
CDとMO
↑CDとMO
●MO(Magnet-Optical disc:光磁気ディスク)には種類がある
WindowsとMacintoshでは使用している文字コードが違うので、正しく読み書き出来ません。
具体的には、MacintoshからWindows用CDは読めますが、WindowsからMacintosh用CDは専用ソフトを使わないと読めません。最近になってUnicodeの普及の効果もありWindows、Macintosh、UNIXなど互換が取れる様になって来ています。
MOの容量は、128MByte、230MByte(普及)、640MByte、700MByte以上(普及していない)、があります。
Windows9x時代は、ドライブが230MByte以上対応機種でもメディアを認識しないことが多々ありました。データのやり取りをする場合、230MByteを使うか、CD-R(DVD-R)を使いましょう。メディアの単価もCD-Rの方が安いですし、そもそもMOが流通しているのは日本だけです。

●MOで多いトラブルは、MOに書き込みを終えてないうちにパソコンを終了し、データ喪失するというものです。この場合データの復旧もまず無理でしょう。必ず、ドライブのアクセスランプが消えてからパソコンを終了しましょう。(FDなどのリムーバブルメディアも同じく)
←BACK | NEXT→