O R E P A S O:スパイウェアって…I

本文へジャンプ
S
M
L
Search by Google
menulavel
Valid CSS!
Spreadfirefox Affiliate Button
情報ボランティアの会(八王子)
anchor
定位置停止編
スパイウェアって…I
スパイウェアとは、ユーザーに知られずにユーザー情報やキー入力の履歴を収集して、第三者に送るプログラムを指しますが、最近は、画面に広告を表示する「アドウェア」、ブラウザのホームページを書き換える「ブラウザハイジャッカー」など、ユーザーにとって迷惑だったり、不正なプログラムを総称する様になりました。
スパイウェアの中にはスパイウェア駆除ソフトと"偽る"スパイウェア、無作為にダイヤルするものなど多彩ですが、こうしたソフトウェアはプログラムの欠陥からコンピュータを不調にする事が多々あり、スパイウェアを削除するだけで不調なコンピュータが安定する場合があります。
●スパイウェア:
パソコンの中にあるユーザー情報やキー入力(キーロガー)を第三者に送る。ユーティリティソフトとセットで配布されたり、特定のWebサイトの利用に必要なソフトとして配布されることが多く、この場合、インストール時に契約書の「同意」が表示されることが多い。

●ブラウザハイジャッカー:
ブラウザ起動時に開くホームページを変更したり、突然違うサイトを表示したりする。アドオン・ツールバーを勝手にインストールするものもある。
体系図
●アドウェア:
広告を表示する。趣味や嗜好の解析のため、サイトへのアクセス状況などを記録・送信するものもある。海外製フリーソフトに混入することが多い。

●アフィリエイトグラバー:
アフィリエイト料金を稼ぐバナー広告やポップアップ広告を表示する。バナーをクリックして通販サイトを訪れ、商品を購入した場合、サイト運営者に報酬が支払われる。
●Cookie:
Webサイトからの指示でパソコン上に保存されるテキストファイル。アクセスしてきたユーザーを識別するための英数字や訪問回数などを保存する。

●ジョークプログラム:
画面を上下反転したり、画面を揺らすなど、悪意のあるプログラムに見せかけようとするもの、いわゆるいたずら。
ダイアログ・ボックスに気をつけろ
Webサーフィンしていると、一見、望ましいか無害な("スパイウェアの検出"のメッセージを出すものまである)操作の実行を勧めるダイアログ・ボックスが表示される事があります。
ダイアログ
(特にアダルトサイト、出会い系サイト、ダウンロードサイト、掲示板サイト)。ユーザーがその操作の実行に同意すると (中には「No」を選んでも)、実際にはスパイウェアがダウンロードおよびインストールされてしまうことがあります。
「外国語だったから」は言い訳になりません。ダイアログを閉じる時はタスクバーから「閉じる」を選ぶ様にしましょう。
←セキュリティー警告ダイアログ
これも、署名が偽者の場合があるので要注意。
次ページに続く
←BACK | NEXT→