O R E P A S O:Microsoft Update(Windows Update)

本文へジャンプ
S
M
L
Search by Google
menulavel
Valid CSS!
Spreadfirefox Affiliate Button
情報ボランティアの会(八王子)
anchor
車庫入編
Microsoft Update(Windows Update)
自動更新
↑「スタートメニュー」→「コントロールパネル」→「自動更新」でダウンロードやインストールの設定ができる。
Microsoft社では、セキュリティー対応(ウイルスや不正アクセス)や製品更新のため、アップデート(ソフトウェアの更新)を頻繁に行っています。
アップデートは、セキュリティー対策と共にパソコンに必須の条件で、これを行わないでインターネットに繋げることは、あってはなりません(被害が拡大する可能性があるため)。
Microsoft Updateは、これらのデータをダウンロードしパソコンにインストールするインターネット上の仕組みです。
Windows XP Service Pack 2 (SP2)以前は、ダウンロードは自動で、インストールは手動でしたが、SP2以降、ダウンロードからインストールまで自動を選択でき、常に最新の状態で使用することができます。
なお、稀ではあるものの、Microsoft Update自体に問題を含んでいることがあるので、インストールは「手動」に設定しておき、画面の右下にタスクトレーのところに
WindowsUpdateサイト
参考:Office UpdateとWindows Update
どちらもMicrosoft社の製品用のアップデートサービスです。
Microsoft Updateに統合されましたが、Office Updateは現存しており、こちらのアップデートでチェックすると更新ファイルが出て来る始末です。
「新しい更新をインストールする準備ができました」と表示され、数日経ってからインストールすることをお勧めします。
手動でアップデートする方法としては、ブラウザでMicrosoft Updateサイトにアクセスする方法、
「スタートメニュー」→「すべてのプログラム」から「Windows Update」を選択する方法、Internet Explorerの「ツール」→「Microsoft Update」を選択する方法があります。
更新画面が表示されたら、通常は「高速」を選択、インストールするプログラムを自分で選択したい場合「カスタム」を選びます。
←BACK | NEXT→